雪の華 - 葉月ゆら


葉月ゆら 雪の華歌词

12/11 10:45
夜の空 密かに舞う 雪の華の群れ キラキラ 私の手に 優しい光をくれるの 嗚呼 貴方にどうすれば伝わる? 言葉を選んでも足りない 未だ 寂しくて心冷えて 涙する時は 私を思い出して 貴方へ歌うよ 转自:http://bbs.dm123.cn/read.php?tid=835222&page=2 专辑:竜と炎の物語 歌手:葉月ゆら 歌曲:雪の華

葉月ゆら 雪と花のエチュード歌词

09/26 23:58
03 雪と花のエチュード 作詞:葉月ゆら作曲・編曲:しゃな 今日もあの場所へ花を摘みに行くの あなたはものこの世界にはいないけれど ずっと忘れない心に刺さった 綺麗な欠片が胸を少し痛くする 声にならない叫び空に響け 輪廻の輪は緩やかに廻る 今日もあの場所へ花を摘みに行く 愛しい人の十字架へとそっと飾るの きっと私の涙が雪になって 新しい貴方へ舞い落ちる 今日もあの場所へ花を摘みに行く いつか会える日を願い祈り続けるの 专辑:Snow Flower 歌手:葉月ゆら 歌曲:雪と花のエチュード

喜多村英梨 雪華歌词

09/22 00:48
やわらかな月明かりが照らす[柔和的月光静静地映照出] 泡沫(ウタカタ)の雪影[如泡沫般的雪影] 悴(カジカ)んだ小さな手を合わせ[合上已经麻木的小小的手] 透き通る街に微笑む[在通透的街中绽放微笑] さやぐ时代(トキ)を全て包み込んで[吵杂的时代包容进一切一切] 唯(タダ) 染まる夜に 解き放て[唯在这被渲染的夜里绽放] 降り注ぐ白い花びら[纷纷落下的白色花瓣] 心をそっと解(ホド)いてく[内心在悄然中得到解脱] 手のひらで溶けて刹那を魅せる[被在手心中融化的瞬间所吸引] 仰ぐ蓝空の彼方に[在仰

葉月ゆら 御伽影牢館歌词

08/06 07:50
真夜中を告げる时计 钟の音 钟声告知了午夜的光降 メルヒェンを求めて歩く骑士 跟随着童话而来的骑士 さぁ ここへ 贵方を暖めましょう 来我这里 让我温和你吧 代偿は人生の全て 作为代价请将你的人生所有都交给我 人鱼の声 白い雪の少女の肌 有着人鱼的嗓音 和雪般肌肤的少女 全て手に在る 美しい私 具有一切的 姣好的我 御伽の国から迷い出た少女は 怅惘于童话之国的少女 我侭で骄傲な女 是个任性而骄傲的女人 女王に憧れ堕ちていく运命 她因向往成为女王而腐化 王子様は来ない いつまでも 可她的王子 永远

葉月ゆら 龍と桜巫女歌词

10/19 04:10
龍と桜巫女 サークル:清風明月 歌:葉月ゆら 作詞:葉月ゆら 作編曲:drop 狂い立つ雲 薙ぎ払うは 蛰居在黑暗中的怪物 闇に住まう妖かしの人 横刀斩断了疯狂涌聚的云团 君よ如何か在るが儘咲き 你将奈何这些肆意绽放 夜に舞え気高き桜花 在夜晚高傲飘舞的樱花 憂い抱く枝の葉陰に 那些满怀郁卒的枝叶里 蠢き出す誰が人の怨 是谁蠢蠢欲动的怨气 残像が現を求めて 残像操纵着傀儡 密やかに繰る傀儡を 追寻着似梦非梦的现实 何故.人は愚かしく己の欲を剥き出すのか 人们为何会如此愚蠢将自己的欲望暴露人前 何

葉月ゆら Eclipse Parade歌词

04/28 15:48
中文的字数和押韵都凑好了,大家试着用中文唱吧! 「Eclipse Parade」 作编曲:Drop 作词:葉月ゆら 中文词:荒城回廊 薄明かりに手招く魔術師と[微弱的光线里 魔术师在招手致意] ふわりふわり揺れるは水晶の光[左摇摇右晃晃发出光亮 水晶的魔力] 覗いてご覧[窥探不动声息] 君には見える筈[你大概也能够目击] 誰が罪を重ね[重罪缠身的人在那里] 罰を受けるのか[经受了惩罚的严厉] 生まれ落ち泣き叫び[从一出生時就一直哭泣] 終焉を遂げるまで [直到迎來生命终结之际] 心の隙間を哀で埋

葉月ゆら 風雅歌词

10/28 12:52
「風雅」 作詞:葉月ゆら 作曲.編曲:drop 歌:葉月ゆら 天(てん)を翔(か)ける数多(あまた)の星(ほし)よ 无数繁星翔天际 自由(じゆう)な瞳(め)を守(まも)り続(つづ)けて 未曾停息守护自由之眼瞳 静(しず)かな水面(みなも)へ落(お)ちる光(ひかり) 洒落在幽静水面上的光 道(みち)を示(しめ)すでしょう 是在为我指路吧 孤独(こどく)な闇(やみ)は 心(こころ)の中(なか)を 嵐(あらし)の様(よう)に掻(か)き乱(みだ)す 孤独黑暗 如飓风般乱我心 其(そ)れでも強(つよ)く生

葉月ゆら 「ちぇんにゃんぽい!」歌词

10/28 10:34
ちぇんにゃんぽい ちぇんにゃんぽいぽい 猫(ねこ)ネコなのよ猫(ねこ)なの 靴下(くつした)脱(ぬ)いじゃうもんね ゴロゴロしてちゃイヤだよ 裸足(はだし)でグルグル走(はし)ろう(追いかけてごらんなさい) 雪(ゆき)や雪(ゆき) こんこんこ 降(お)りてきたから お外(そと)でるのはね ちょっと迷(まよ)うにゃう(猫肌.鳥肌 おうちがいいにゃん) 冬(ふゆ)はほら 寒(さむ)いのよのよ うっかりコタツで丸(まる)くなる あったまる 眠(ねむ)っちゃダメだよ ぷーぷくっぷ にゃっぽらっぽ あらら

葉月ゆら Darkness歌词

10/20 08:13
私の海へ 落ちる貴方 恋は泡の様に 浮かび 消える 我が身の犠牲を 嘆くよりも 呪いをかけたいの 違う華を見つけた瞳に 何故に一瞬でも 二人愛し会って求めたのに あの日見た海の 底をもう一度見つけられたのなら 帰るでしょうか 輝くナイフで 抉り出して 捧げればすべて 闇に返る 戻ぬ茨の 道を選び 手段はそれしか 残されていないのに何故 恋を駆けたいの 心の中鱗のよう広がる 蝕んで行くわ 全て失う前に口づけだけを 残し逝きたい 指先から毒に蝕まれ 腐食し朽ちても 心の蒼は変わらない 何故に一瞬でも

葉月ゆら 死の舞踏 La Danse Macabre歌词

11/17 18:07
死の舞踏-La Danse Macabre- 作曲.編曲:オッカ 作詞:一斗まる 今宵も弔(とむら)いの鐘が響き 幕(まく)が上がる常(とこ)しえの闇 墓石(はかいし)の影纏(まと)う 澄明(ちょうめい)の怪人(かいじん) ドレスを飜(ひるがえ)す死の令夫人(マダム) 紫煙熏(しえんかおる)らせ死の侯爵(こうしゃく)(マ(ま)ーカス(かす)) 朧(おぼろ)げなら狂宴(きょうえん) 浮かび揺れる仮面舞踏会(かめんぶとうかい) Memento mori alleluia Kyrie Elesion

葉月ゆら 独毒歌词

08/29 10:28
独毒 散るは桜か 人の心か 契る妖かし 夜に囁く 鬼と成せ 群れる闇 怨みをも 撒けば華 狂い咲く 途絶えし神楽 過去の誉れよ 絶える縁を 背負う屍 鬼と成る 憂う闇 怨みさえ 灯す華 狂い咲く 嘘吐いたら 針千本飲ます 指切った 专辑:幻恋楼閣談集 歌手:葉月ゆら 歌曲:独毒

葉月ゆら 双剣の姫君歌词

03/18 15:22
--------------------------------------- vocals:◇葉月ゆら◇ ◆海紅◆ ◇◆合唱◇◆ --------------------------------------- ◆ ねぇ 何時からかしら ◆ 全てが欲しくて ◇ 二人の姫君 一つの王冠 ◇◆ 廻り巡る運命の輪 ◇◆ 幾千の命を賭け ◇ 輝く月 照らす瞳 ◆ 輝く星が瞬く瞳 ◇ 私にためらいは無い ◆ 私に逆らう者など無い ◇ 血を望むなら 欲望の侭 ◆ 血を望むなら 欲望の侭 ◇ 満たして心 踊る

KOTOKO 雪華の神話歌词

04/24 19:09
白い地平線を揺らす じゃれた天使達が手を繋ぎあう 空から降って来た銀色宝石 不確かな気持ちを温め確かな記憶に変えてく 去年見た景色が映画のように流れる 雪に祈った 夢なら覚めないで 陽射しに溶けた冬の欠片 いつか形をなくすけど 胸で結んだ絆は 季節めぐっても消えない 離さず固く握った手の強さは きっと寒さのせいじゃない 風の匂いが変わってく光の中へ進もう 夏を過ぎた日の出逢いは 涙色の街が二人を抱いて 今年もやって来た 天から降りた風 大きく弧を描き ためらう肩と肩ふいに押してく 来年も二人で見

葉月ゆら 白雪 Evil Snow歌词

09/12 03:51
白雪 Evil Snow 作曲.编曲:Love Solfege 作词:叶月ゆら http://yyfc./play.aspx?reg_id=1967246&song_id=5577916 雪の白い肌に 黒檀の艶髪[雪白的肌肤,配上黑檀木一般的亮发] 赤い唇が开く「爱しているわ お母様」[鲜红的嘴唇张开说着,"我爱您,母后大人"] しなやかな指が 彼に触れて揺れる[柔软的指尖,被他触碰摇曳] 嗫く声は优しく「爱してるわ お父様」[低声温柔地说着,"我爱您,父王大人&qu

KOTOKO 雪華の神話-in X’mas mix-歌词

09/20 06:47
『 雪華の神話 -in X'mas mix- 』 作詞:KOTOKO 作曲:高瀨一矢 編曲:高瀨一矢·中澤伴行 (吉他伴奏:尾崎武士) 歌:KOTOKO 收錄:[KOTOKO 3TH Album -- UZU-MAKI] 發行日:2006.12.13 白い地平線を揺らす[白色的地平線在隱約地閃現] じゃれた天使達が手を繋ぎあう[頑皮的天使們互相將手系牽] 空から降って來た銀色寶石[從天而降的是銀色寶石片片] 不確かな気持ちを溫め確かな記憶に変えてく[使不定心緒化作暖實的記念] 去年見た景色が映畫

葉月ゆら Nadia歌词

12/12 06:01
歌:葉月ゆら 作詞:leonn 作曲:leonn 白い雪の宝石 宮殿の舞踏会 優しく微笑むのは夜ごと夢に見た王子様 雪解けに咲く花の 妖しくも艶やかに 舞い散り奏でるのは 滅び行く純潔の旋律 轍が奇跡をとどめ進む様に 傷跡を残して 咲き誇れ千の願いよ 今私を導くのは 赤く血塗られたいばらの冠 栄光の神に誓いを 色褪せぬ欲望を胸に 我が命朽ち果てる迄 燃える情熱は風を受け 明日さえ焼き尽くす 嘲り微笑むのはいつか夢に見た王子様 慰めの闇にこの身を委ねては 夜露に酔い痴れる 解き放て千の鎖を 今私を

SOUND HOLIC その魂、雪華の如く歌词

02/08 18:06
A-YA-その魂.雪華の如く(中日對照+歌詞修正版) 原曲:東方妖々夢/広有射怪鳥事 - Till When? サークル:SOUND HOLIC アルバム:妖 -AYAKASHI- 白(しろ)い雪(ゆき)の花(はな)びら「白雪的花瓣」 はらはら舞(ま)い落(お)ちて「輕飄飄地飄落」 凍(い)てつく雲間(くもま)に「在冰冷的雲間」 狂(くる)おしいメロディ「傳來令人發狂的旋律」 深(ふか)い闇(やみ)に螢火(ほたるび)「漆黑中的螢火」 ゆらゆら揺(ゆ)らめいて「正不斷的晃動」 果(は)てなき宿命(

박효신 눈의 꽃(雪の華)歌词

08/17 08:03
雪之花-朴孝信/눈의꽃-박효신 随著不知不觉变长的身影 어느새 길어진 그림자를 따라서 与你一起走在黄昏的黑暗中 땅거미 진 어둠속을 그대와 걷고 있네요 我俩手牵著手一直到永远 손을 마주 잡고 그 언제까지라도 只要和你在一起 忍不住流泪 함께 있는것만으로 눈물이 나는 걸요 风像冰一样地冷 冬天的脚步近了 바람이 차가워지는만큼 겨울은 가까워 오네요 那个送走你的季节到来了 조금씩 이 거리 그 위로 그대를 보내야 했던 계절이 오네요 现在我们看著今年的初雪 지금 올해의 첫눈

HARUKI 雪の華歌词

10/14 02:36
歌:haruki 作詞:Satomi 作曲:松本良喜 のびた人陰(かげ)を 舗道に並べ 夕闇の中をキミと歩いてる 手を繋いでいつまでもずっと そばにいれたなら泣けちゃうくらい 風が冷たくなって 冬の匂いがした そろそろこの街に キミと近付ける季節がくる 今年.最初の雪の華を 2人寄り添って 眺めているこの時間に シアワセがあふれだす 甘えとか弱さじゃない ただ.キミを愛してる 心からそう思った キミがいると どんなことでも 乗り切れるような気持ちになってる こんな日々がいつまでもきっと 続いてく

事務員G 雪の華歌词

04/13 14:41
のびた人陰(かげ)を 舗道に並べ 夕闇のなかをキミと歩いてる 手を繋いでいつまでもずっと そばにいれたなら泣けちゃうくらい 風が冷たくなって 冬の匂いがした そろそろこの街に キミと近付ける季節がくる 今年.最初の雪の華を 2人寄り添って 眺めているこの時間(とき)に シアワセがあふれだす 甘えとか弱さじゃない ただ.キミを愛してる 心からそう思った キミがいると どんなことでも 乗りきれるような気持ちになってる こんな日々がいつまでもきっと 続いてくことを祈っているよ 風が窓を揺らした 夜は揺